千葉デリヘルの常連がさらに楽しく利用するためにできること

千葉デリヘルに頻繁に通い慣れてくればマンネリ化してしまう人もいるがちょっとした工夫をすることでさらに楽しく利用出来るのではないだろうか

*

海外からも大注目の千葉のホテルでデリヘルを堪能する

デリヘルを利用する時に同じく悩むのが「どこのラブホテルに入るか」という課題ではないでしょうか。当然、女の子の好反応を期待するのであれば、あまりにもボロくて汚いホテルは絶対に避けるべきところ。かといってホテルにかける金額も予算内に収めたい。ということで、最近出来たばかりの若者にも人気のあるホテルだと予算をオーバーしてしまうのである。都会であればあるほど、こういったヘルスサービスの利用料もホテルの料金も含めて予算内に収めようとすると完全にオーバーしてしまうもの。そこで、少し足を伸ばして千葉のデリヘルを利用するとどうでしょう。
利用料も若干安くなっている上に、ホテルにかかる費用は格段に安いのである。しかもどのホテルも広くて綺麗である。今ではあまり見かけなくなった昭和のエキセントリックなホテルも未だに存在する。
「What is a Japanese Love Hotel?」というフレーズが至る所に見ることができる海外のジャパンガイド。実は日本の昭和に建てられたとされるラブホテルは外国人観光客にも人気のある隠れたスポットなのである。デリヘルで働いている千葉の子はそんなことは知らないであろうが、このアバンギャルドな世界が非常にキャッチーだとされているのです。
特に千葉エリアにはネズミ君のいるファンタジーランドがあるので、その高い集客力と影響力をみて大人の夜の遊園地を作ろうとオーナーたちが奮起したことからもうかがえる。この千葉あたりでデリヘルを利用するのであれば、外観に特徴のあるものや室内にこだわり、アミューズメント化した部屋などそれぞれが非常に個性的である。バブル期を彷彿とさせるその室内は非常にゴージャズで完成度が高く、インパクトも強い。派遣タイプの風俗を利用するのであれば、こういったホテルをチョイスするとかなり印象的な客として女の子の記憶にも残りやすい。
ビジネスホテルだとデリヘルの利用ができないという所は千葉にもある。ホテル側が見つければ当然女の子の立ち入りを拒否します。店側もホテルとのトラブルなどを避けるためにも初めから、そこには行くことができませんとお断りされることだってある。そうなるとまたわざわざ利用出来るホテルを探さなければならない。しかも出張中であれば土地勘など当然ないし、車がなければ移動することもできないことだってある。夜中であれば電車やバスは当たり前のように終わっているし、かといってタクシーというのも少々カンに触るというもの。どうせ利用するのなら、自宅のような感覚にさえ陥ってしまうような生活感あふれるビジネスホテルよりも豪華なホテルを利用したほうがお金を払う側からしてみれば付加価値を求めてしまうの当然のことである。
『シンプルで綺麗で落ち着く』というのは当たり前の世の中になっているからこそ、あえて面白いところをチョイスするのもあり。女の子たちも千葉のデリヘルで働いてはいても、普通のホテルに案内されることのほうが多いはずなので、いい気分転換にもなるのではなかろうか。塞ぎ気味だった彼女たちのメンタルを考えてもこうした気分転換ができるので、プレイにもさらなる期待ができるという淡い気持ちも持ちながら、千葉のデリヘルとホテルを選んでみるとまた面白いのかもしれない。
確実に楽しむ為のツールとして情報サイトなどはコアなユーザーも頻繁に利用することが多い。自分の好みの女の子を探しやすく見やすいということが条件となると、そんなサイトもお気に入りに入れておくと便利だという。
遊ぶ店や女の子など千葉のデリヘルには細分化されたニーズに応えることが出来るはずだ。
ちなみに最近首都圏では様々なラブホテルが存在する。
日本にあるコスチュームプレイの文化は今や国内のみならず海外を巻き込んでのムーブメントにまで発展していることはご存知だろうか。千葉のデリヘル嬢も恥ずかしくなるほど、「それ隠れてるの!?」というほどに布の面積が非常に小さなコスチュームで女性たちが自ら露出肉体美を晒しているのだ。
もうここまでくると裸と何が違うのか、と思うほど小さな小さな攻めすぎる衣装を身にまとっている。乳首と局部がかろうじて隠れているというかなり際どい・・・というより普通に公道で歩いていたら完全に猥褻物陳列罪でアウトであろうというコスチュームだ。
そんなわけでこういった方々が集まり、あろうことが撮影会までしているのだ。アニオタでカメラ小僧ともなれば立派な機材と自慢のキャメラを提げて、ボディーを露わにしたモデルを貪るようにシャッターを切りまくる。その撮影会会場に使用されているのがホテルだったりすることもある。ここまでくるとフーゾクと何が違うのか!?と疑問にすら思えてくる。
一般の民家や賃貸なんかでは見ることのできない、どぎつい色の内装やファンシーなインテリアが彼女たちの肉体をさらに現実から引き離すのだ。こうした用途もホテル側公認で行われていたりするそうだ。
また近年行われる女子会もかなりレベルが上がっており、ラブホテルで行うこともある。
もちろん、ホテル側がこうしたことを提供しながら『女子会プラン』などと銘打って様々なサービスを打ち出している。特に、旅行にはいけないけれどプチリゾートに行っている気分にもなれると人気も高いのだとか。
ホテルの広々とした室内にどーんと存在感たっぷりのふかふかベッドや、夢にまで見る天蓋付きのベッドを備えている部屋があったり、風呂場も数人で入ってもものともしないと言えるほど広く、ジャグジー機能やキャンドルのサービスが可能なところもある。インテリアもかなりこだわって揃っている。部屋それぞれにコンセプトがあるというのは昔から変わらず根付いているものの、エロさとは懸け離れたモダンであったりエスニックやスタイリッシュな内装をしている。
また食事にも力をいれており、都会のお洒落なカフェのようなメニューを揃えていたり、女性の好きそうなカクテルやアルコール、果物をふんだんに使ったジュースや女子ならば絶対に見逃せないともいえるスイーツまで取り揃えているというところもある。
少々値のはる旅行に行くよりも、週末には時間を気にせず気の置けない友達とガールズトークを繰り広げられるプチお泊り会といったノリが非常に好評なんだとか。
ホテル業界もこうした客をターゲットにしているため、入り口には女性が普通に出入りできるような洒落た造りになっている。ロビーもかなり開放的で、ここでもドリンクのサービスや宿泊者向けのアメニティーグッズをチョイスできるスペースやルーム内でも炊くことが可能な香まで置いてある。ここまでくるともはやカフェにでもきたような感覚である。
当然こういったところでフーゾクを利用するような中年のおっさんが一人で足を踏み入れることなんて恐れ多くてできるはずがない。そもそもヘルスサービスを利用する客は入室お断りなんてフロントに書いてあったりすることもある。
言われなくてもこちらから願い下げだ、とは思うが時代は進歩し続けているのだと気づかされるのである。
こういった類のホテルは首都圏を中心に若者が集まるエリアに続々と進出し始めているようだ。我々のようにフーゾクやデリヘル愛好家たちは『オヤジの街』に留まってそれ相応の清潔感あふれるホテルであればプレイも存分に楽しめる為、ある意味気にしなくてもいいのかもしれないがこうしたホテルが勢力をあげ続けていくとまた肩身の狭い思いをしなければいけないのか!?と新たな危機感も覚えてしまったりもした。同時にその頃にはおそらく風俗業界もきっと今以上に進歩していることも期待してしまうのだが。
プレイスポットも非常に大事な要因の一つなのであると改めて実感する。

公開日:
最終更新日:2016/11/12